株式買取請求・株式買取請求権の法律相談Q&A

株式買取請求・株式買取請求権の法律知識

Q&A 1 株式買取請求・株式買取請求権とは?

質問

譲渡制限株式の株式買取請求・少数株主の株式買取請求権について、その概略を教えてください。

換価するときにどのような違いがありますか。

回答

同族会社(株式譲渡制限会社、非公開会社、閉鎖会社、中小企業)のような株主の個性が問題となる会社で、譲渡制限株式を発行する会社において、株主が株式を譲渡しようとする場合、会社法上、株主に、譲渡の相手の指定、売買価格の決定の申立てなどが認められています。この場合、会社が譲渡を認めない一定の場合に、株主は会社に対して譲渡制限株式の株式買取請求をすることができます。法律相談Q&A譲渡制限株式もご覧ください。

これに対して、会社法上、少数株主の権利保護のため、事業の全部または重要な一部の譲渡等の決議等の一定の場合に、株主総会における多数決原理により少数株主の権利が侵害される場合に、多数決原理を修正する権利として、少数株主に、会社に対する株式買取請求権が認められています。

譲渡制限株式の買取請求と、会社法上の少数株主の株式買取請求権の両制度は類似していますが、その趣旨、要件、効果が異なりますので、売却、換価の際にも、注意が必要です。以下のQ&Aをご覧ください。


株式買取請求・株式買取請求権についてのご相談は、
菊地総合法律事務所までお気軽にどうぞ。


菊地総合法律事務所PC版サイト

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16
浦和大熊ビル5F
TEL 048-822-1451

このページの先頭